· 

(1302)生鮮野菜は高値取引/島外出荷できずマンゴー値崩れ

相次ぐ台風接近の影響で、生鮮野菜など島外からの入荷が今月9日以降止まっていた奄美市地方卸売市場は12日、鹿児島―沖縄航路の定期船で鹿児島から運び込まれた野菜や果物が4日ぶりに入荷、買受人らによるセリの声が響き、活気が戻った。ただ、13日以降は再び、欠航が続くとみられ、旧盆を前に島民らの食卓にも影響が出そうだ。また、相次ぐ欠航の影響で、収穫最盛期を迎えたマンゴーは、島外出荷ができず、同卸売市場の取引価格も値崩れを起こしている。

《下のfacebookをクリックすると詳細記事が表示されます》