· 

(1289)大島紬使って「奄美ウエア」製作へ

本場奄美大島紬伝統工芸士会(南愛子会長、58人)は7日、奄美市名瀬の市産業支援センターで本場大島紬を使った「奄美ウエア」の開発に向けた意見交換会を行った。沖縄の「かりゆしウエア」を参考に、伝統的な龍郷柄などを活用し、「はおる」「まとう」をテーマにした衣類を製作、来年1月の「すきすき紬デー」(毎月15日)の着用開始を目指すことなどを決定。大島紬を使って奄美らしさを演出、新たな着衣の提案、浸透を図る。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》