· 

(1246)生物多様性と景観に配慮/ハイビスカス 湯湾岳核心地域から除去

宇検村と環境省奄美群島国立公園管理事務所は22日、同村の湯湾岳頂上付近のハイビスカス並木の伐採作業を行った。村道湯湾大棚線の約2・5㌔の範囲にある820本ほどの並木を切り倒し、軽トラックなどに積み込んで湯湾岳山麓から搬出。同事務所は核心地域の生物多様性や景観に配慮した処置などと評価し、世界自然遺産登録に住民の協力を得て諸課題に取り組む考え。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》