· 

(1231)マリンタウン地区分譲 22日から応募開始

奄美市名瀬港(本港区)地区公有水面埋め立て事業で整備した埋立地(マリンタウン地区)の分譲計画などを協議してきた土地処分検討委員会(谷芳成会長)は18日、奄美市開発公社理事長の朝山毅市長に、分譲用地の応募資格や選考基準、分譲価格などまとめた報告書を提出した。市開発公社は、報告書の内容を19日、市のホームページなどで公開、22日から分譲を希望する企業の応募を受け付ける。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》