· 

(1212)奄美市初、住用まーじん会発足

日常生活の小さな困り事を住民同士でサポートし合う有償ボランティア団体「住用まーじん会」が12日、奄美市住用町で発足した。地域住民らでつくる住用地区第2層協議体(代表・山田紘一生活支援コーディネーター)の取り組み。介護保険ではカバーしきれないきめ細かなニーズに応えようと、奄美市では初の試みとなる。高齢者や障がい者、子育て世帯など手伝いを希望する「利用会員」、ボランティアを行う「協力会員」をそれぞれ募集している。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》