· 

(1195)「監視の目」で持ち出し禁止/水際連携へ 奄美空港で研修会

奄美の希少野生生物の密輸被害から守ろうと、奄美市笠利町の奄美空港で8日、持ち出し対策の研修会が開かれた。同空港に就航する航空3社、検査機関、ターミナルビル、警察など担当者約40人が参加。奄美・沖縄地域の世界自然遺産登録を控え、法令や条例規制種の違法な持ち出しを水際で食い止めるための連携と体制づくりを確認した。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》