· 

(1189)違法採集対策を強化/今年度も休日などのパトロール開始

環境省奄美群島国立公園管理事務所は6日から、奄美大島中南部の世界自然遺産候補地で、今年度の希少種盗掘・盗採防止パトロール業務を開始した。違法採集(盗掘・盗採)が絶えないことから、昨年度に続いて民間委託で希少動植物を保護し、外来種などのモニタリングを実施する。同事務所は、実施期間を延ばし回数を増やすことで監視態勢を強化する考えだ。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》