· 

(1151)ふ化まで見守るよ 屋仁小、ウミガメ保護活動

奄美市笠利町の屋仁小学校(外戸口浩春校長、児童18人)で5月6日、学校近くの海岸に産卵されたウミガメの卵の保護活動が始まりました。今年は6月6日までに3回の産卵を確認。児童たちは計362個の卵のふ化を見守っています。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》