· 

(1119)県議会一般質問/砂被覆・アダン植栽 「従前の砂丘状況に回復」

6月定例県議会は18日、引き続き一般質問があり、中村素子議員=自民党、阿久根市・出水郡区=、上山貞茂議員=県民連合、鹿児島市・鹿児島郡区=、中村正人議員=自民党、霧島市・姶良郡区=、寺田洋一議員=自民党、鹿児島市・鹿児島郡区=が登壇。公金支出差し止めを求める住民訴訟も提起されている瀬戸内町嘉徳海岸の護岸工事が取り上げられた。工法として決定したコンクリート護岸について全面に砂を被覆してアダンを植えることで当局は「従前の砂丘の状況に回復できる」と明言したほか、台風のような大きな波力時でも背後地に浸食が及ぶことはないとして護岸工事の必要性を強調した。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》