· 

(1110)大島紬職人後継者不足/高齢化に直面 育成事業者、補助金で支援

奄美を代表する伝統工芸産業・大島紬は、織りや図案、締めといった各製造工程を担う人材の高齢化が進んでいる。60歳以上が全体の9割近くを占め、年齢別では70歳代の従事者が最多。高齢化は後継者不足を表しており、養成施設がある織り以外の職人も育成しようと、後継者育成に取り組む事業者を行政が補助金を交付して支援する。現在、公募中だ。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》