· 

(1092)瀬戸内町 長期振興計画、町長に答申/今後10年の指針示す

瀬戸内町長期振興計画策定審議会(会長・濱田益弘同町社会福祉協議会長)は10日、同町きゅら島交流館で第5次同計画(2019年度~23年度)の「基本構想」と「基本計画・前期」を鎌田愛人町長に答申した。構想には国連の定める「SDGs」(持続可能な開発目標)の考え方を取り入れ、計画で分野ごとの課題解決に向けた取り組みを示す。濱田会長は「十分な審議ができたし、さまざまな分野が網羅されている。2期目を迎えた町長の公約と軌を一にしているので、責任を持って具体化・実現化しほしい」期待を込めた。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

SDGs(持続可能な開発目標)