· 

(1070)造礁サンゴが大幅減   与論島・リーフチェック

サンゴ礁の健康診断「ヨロン島リーフチェック」(NPO法人海の再生ネットワークよろん主催)が5月25日、与論島茶花沖であった。前年と同じ地点(通称・宮殿西)で調査した結果、造礁サンゴの被度は浅場(水深約5㍍)で20・0%(前年比11・3減)、深場(同10㍍)で18・8%(同48・1減)と大幅に減少した。同法人は「昨年並みに回復するまで10年以上の歳月を要すると思う」としている。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》