· 

(1067)魚のすみかづくり 海底に大規模造成/奄美大島島内でブロック製作中

奄美群島の近海に魚類の漁場をつくりだそうと県は、2018年度から「奄美地区水産環境整備事業」を5カ年計画で進めている。総事業費は約12億5千万円を計上。19年度は奄美大島と徳之島の沖合に高さ約7~21㍍規模の構造物を海底に配置した「魚のすみか」を造成。形成された魚礁群による集魚効果が期待されている。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》