· 

(1059)県民連合、嘉徳海岸を視察/工事の進め方を議論したい

県が進める瀬戸内町嘉徳海岸の侵食対策事業を巡って住民意見が二分しているのを受け、県民連合県議団が31日、奄美大島入りし、現地を視察した。県大島支庁の事業経過や住民から意見などをヒヤリング。事業を所管する県議会企画観光建設委員会委員の福司山宣介県議は「今後の委員会の議論の中で、確認した内容を反映させたい」との意向を示した。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》