· 

(1018)三十三回忌祭、盛大に ジューテにぎやかに練り歩く 知名町瀬利覚

知名町瀬利覚の東則雄さん(66)方で18日、東さんの兄、晃次さんの三十三回忌の祭事があった。親戚や地域住民、晃次さんの同窓生ら約60人が参列。夕方、霊を墓へ送る際にはジューテと呼ばれる三線奏者、女性の踊り手、棒踊りの男性陣らが行列を作り、自宅から墓まで約1キロの道を歌い、踊りながらにぎやかに練り歩いた。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》