· 

(974)日本最大級〝水中鍾乳洞〟/陸の中の海「ウンブキ」

※ウン(海)フキ(崖)           

天城町浅間(湾屋)の大地にぽっかりと開口した「陸の中の海『ウンブキ』」。西方約400㍍の海と地下で結ばれた未知の海底洞窟で、日本の水中探検家・水中カメラマンの広部俊明氏(54)が昨年9月から初の潜水調査を敢行。3月下旬の第4回調査の段階で直線距離にして約700㍍(水深40㍍)に達し、「日本最大級の〝水中鍾乳洞〟」と発表。ほか、洞内を泳ぐ希少種「ウンブキアナゴ」の姿や、海底からは〝縄文相当期〟類似の謎の土器も確認していた。

 

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》