· 

(959)世界自然遺産へ「ゴミは持ち帰ろう!」

日本航空(JAL)グループでは、奄美・徳之島の世界自然遺産登録応援の一環でこのほど、徳之島の闘牛場でもCSR(環境保護・障がい者支援)に提携した携帯用ゴミ袋(テイクアウトバッグ)を約2千個配布。観戦客たちに、自然遺産取り組みへの意識喚起と併せて「ゴミの持ち帰り、ゴミのない街(島)に」とアピールした。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》