· 

(904)フェリーかけろま欠航対策検討へ

瀬戸内町の町営定期船フェリーかけろま新船が衝突事故後に運航を再開して6日で1年。町商工観光課は16日、同船の2018年度運航実績を示した。年間運航計画便数2552便(1日7便)に対して欠航272便。欠航数は旧船運航時の13年度58便、14年度135便、15年度107便から大幅に増加した。相次ぐ欠航による住民の不満が高まる中、町は5月までに協議会を立ち上げ、対策を考えるとしている。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》