· 

(901)5年間で通訳案内士80人育成へ/奄振事業で推進

奄美群島を訪れる外国人観光客の増加に伴い、受け入れ態勢の機能強化などが求められるなか、奄美群島広域事務組合は今年度、2017年度まで実施していた通訳案内士の育成事業を再開する。2023年度までの5年間で、奄美群島の自然や文化に関する知識を持ち、英語や中国語、韓国語を話せる「地域通訳案内士」約80人を新たに育成する計画だ。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》