· 

(834)文化庁長官表彰を受賞/ユンヌフトゥバの記録・継承に尽力

文化庁はこのほど、2018年度文化庁長官表彰の受賞者を発表し、与論町の私設民俗資料館「与論民俗村」が選ばれた。

永年にわたり消滅の危機にある与論方言(ユンヌフトゥバ)の記録や継承等に尽力し、先進的な取り組みが全国のモデルケースとなっていることが評価された。県内からは唯一の受賞。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》