· 

(815)「規制必要性高い評価」/金作原利用試行ルール 意向調査で実施状況報告

県自然保護課などは26日、奄美市名瀬の県大島支庁で2018年度「第2回奄美大島利用適正化連絡会議」を開いた。民間団体やバス会社、関係機関などが参加し、2月に開始した金作原での利用適正化の試行ルールの実施状況が報告され、大型連休や繁忙期に向けた意見交換などを行った。質疑で参加者からは「地元の人が利用する場合でも認定ガイドが必要になるのか」や「教育目的での利用も、認定ガイド同行になるのか」などの質問があった。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》