· 

(801)須子茂集落、トネヤ再建 住民が守り残す「集落遺産」

瀬戸内町加計呂麻島の須子茂集落(元永孝則区長、14世帯21人)でこのほど、トネヤが再建されました。同集落はノロが祭祀を行う神聖な建物「トネヤ」と「アシャゲ」が二つずつ残る奄美大島でも珍しい地域でしたが、1996年に1棟のトネヤが焼失していました。自ら再建に当たった元永区長は「集落にとって大切な存在が再びそろった。目に見える形としてこの先もずっと歴史を語り継いでほしい」と喜びを語りました。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》