· 

(799)加計呂麻に海底光ケーブル

瀬戸内町は2019年度中に、奄美大島側と同町加計呂麻島間の海底光ケーブルの敷設を計画している。敷設により、移動通信システムの安定化、町内離島の情報格差の是正につながる見込み。町企画課は「ケーブルの敷設は光化への第一歩。土台ができれば島内FTTH(家庭用光回線サービス)化を目指す」としている。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》