· 

(791)外国人材拡大で法務省が説明会 鹿児島市

新たな外国人材の受け入れ制度が4月から始まるのを前に、市町村や民間企業の担当者などを対象とした説明会(法務省主催)が20日、鹿児島市のかごしま県民交流センターであった。新たに14の特定産業分野で外国人の就労を認める在留資格や、受け入れ側の責務などについて同省の担当者が説明。会場には県内各地から官民の関係者など約460人が参加し、熱心にメモを取る姿も見られた。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》