· 

(788)市景観計画、19年度内運用へ

第3回奄美市景観計画策定委員会(木方十根委員長・鹿児島大学大学院教授、委員15人)が19日、市役所であった。自然・ひと・文化が織りなす魅力ある景観を理想の将来像に掲げている、同計画素案を共有し、計画策定にあたり、盛り込むべき事項などについて意見交換。世界自然遺産登録も見据えた留意点、市街地の形成に関する提案などの意見が上がった。5月に策定し、2019年度中に条例も制定して、同計画に基づく運用を年度内に開始することを目指す。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》