· 

(743)リュウキュウアユ観察学習/住用小1~3年生

奄美自然保護協議会ヤジ分会(村田英樹会長)は9日、奄美市の住用小学校(富林弘智校長)の1~3年生を対象に「リュウキュウアユ観察学習」を同町のマングローブパークで行った。児童8人は、地元で産卵し一生を終えるリュウキュウアユの学習や観察を通して、その命や環境、郷土の大切さを育んだ。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》