· 

(651月)大和村国直集落でローカルルールづくり

大和村の国直集落でフィールドワークを続けてきた東京大学の学生たちは10日、同集落公民館で活動報告発表会を開き、集落の観光振興と住民生活を両立させる活性化策を発表した。テーマは「国直集落のローカルルールについて」。学生たちは、集落での研究調査を踏まえて「住民満足を通じて観光発展する」具体案を披露した。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》