· 

(570)マスク着用マナー守って/インフルエンザ流行 連休明けに患者増加

インフルエンザの本格的流行期を迎えて、市内の医療機関などを訪れる患者が増えている。薬局の薬剤師は、飛沫=ひまつ=感染防止にマスク着用マナーを守り、外出先から戻った場合の手洗い・うがいなどの励行を呼び掛けている。またセンター試験に臨む受験生には、免疫力が落ちないように十分な休養・栄養を取ることをアドバイスしている。

《写真をクリックすると詳細記事が表示されます》