· 

(496)奄美・沖縄 今年2月に再推薦へ 世界自然遺産 20年登録目指す

政府は今年2月、世界自然遺産候補の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)へ推薦書を再提出する。夏にもユネスコの諮問機関・国際自然保護連合(IUCN)による現地調査が奄美・沖縄の4地域で再び行われ、2020年夏の登録実現を目指す。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》