· 

(437)新たな観測所跡確認 調査進む西古見戦跡 瀬戸内町教育委員会

瀬戸内町教育委員会は2018年度、同町西古見の近代遺跡(戦争遺跡)西古見砲台跡とその付帯施設の調査を進めている。今月3日からは、今年新たに確認された観測所跡など2カ所の調査を実施。町教委社会教育課埋蔵文化財係の鼎丈太郎学芸員は西古見の戦跡について「戦況の変化が分かり、りゅう弾砲の砲座、観測所などがセットで残るのは全国でも珍しい」と話した。

《写真をクリックすると詳細記事が表示されます》