· 

(435)“空白期間”懸念、要望も視野に/バニラ運航終了 奄美便は大阪5月、成田8月

ANAホールディングス(HD)傘下の格安航空会社(LCC)「ピーチ・アビエーション」と、「バニラ・エア」は17日、2019年度中に予定している経営統合に向け、バニラ社便の運航を同年10月26日までに終了し、路線網をピーチ社に段階的に引き継ぐことを発表した。奄美大島に関しては、関西便が5月6日に、成田便が8月31日にバニラ社としての運航を終了。ピーチ社としての就航は成田便が10月1日から、関西便が冬季ダイヤ(10月27日~20年3月28日)期間中と予定されている。関西便では約6カ月間の“空白期間”が発生することとなり、観光業などへの影響が懸念される。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》