· 

(416)金作原、夜間ツアー 利用対策が急務

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」世界自然遺産候補地地域連絡会議の奄美大島部会が14日、奄美市住用町の住用公民館であり、2020年に自然遺産登録へ再挑戦する奄美・沖縄の推薦書の修正案について報告があった。奄美大島は九つに分断されていた推薦区域を整理して一つにまとめる。遺産の包括的管理計画の修正に関する質疑で、観光客が増加する金作原国有林(奄美市名瀬)やアマミノクロウサギなどを観察する夜間ツアーについて、早急な利用適正化策を求める声があった。

《写真をクリックすると詳細記事が表示されます》