· 

(402)新種のハタの仲間発見/学名に前川氏(奄美市)の献名

鹿児島大学総合研究博物館(本村博之館長・教授)は11日、同博物館と前川水産㈱(奄美市名瀬)による琉球列島の魚類多様性調査の過程で、ハタ科魚類の新種が発見されたと発表した。特異的な色彩から「アヤメイズハナダイ」と命名され、学名の「ブレクトランチアス・マエカワ」は、琉球列島の魚類学に多大な貢献をしている前川水産代表取締役の前川隆則氏(60)に敬意を表し献名したものとしている。同博物館によると、同研究は、日本魚類学会発行の国際誌『Ichthyological Research』に11月29日付で掲載された。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》