· 

(378)ウミガメ回遊を衛星追跡 米国専門誌に論文掲載へ 奄美海洋生物研の興会長ら

奄美海洋生物研究会の興克樹会長らは、奄美大島で産卵したアカウミガメとアオウミガメの行動ルートの調査結果を論文にまとめた。奄美大島や沖縄沿岸で産卵したアオウミガメの追跡調査は初めてで、本州沿岸に餌場が多いことを実証。アカウミガメの追跡調査では、餌場が東シナ海に集中することを裏付けた。論文は2019年5月発行の米国の学術誌に掲載される予定だ。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》