· 

(377)瀬戸内町で「博物館がやってきた」/展示約5200点に興味津々

県立博物館(鹿児島市)の移動博物館事業「博物館がやってきた」が6日から、瀬戸内町古仁屋のきゅら島交流館で始まった。同館の収蔵品約5200点が並び、訪れた子どもたちは興味津々な様子で見て回った。入場は無料で、9日まで開かれる。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》