· 

(369)民間視点で町政へ提言 将来像や基本方策、優先度も

町民との協働目指し民間視点からのまちづくり推進に向けた「第4回たつごうみらい会議」(重野寛輝座長・委員20人)が4日、龍郷町役場第一会議室で開かれた。委員ら14人が出席し、これまでの会議でまとめた六つの取り組みなどからなる提言書を竹田泰典町長に手渡した。町側は、事業実施の是非などの方針や詳細について、来年1月開催予定の第5回みらい会議で委員に説明するとした。竹田町政が進める住民目線に合わせたまちづくりの一歩が始まった。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》