· 

(344)福岡県の水族館で育ったサンゴ 1年半ぶりに龍郷湾に

約1年半前、福岡県福岡市の水族館「マリンワールド海の中道」に育成目的で貸し出されていた奄美大島の龍郷湾で分布するサンゴ(ミドリイシ)の個体が27日、奄美に戻り、再び同湾の海中に植え付けられた。龍郷町内のダイビング事業者による再生プロジェクトの一環。当初、親指ほどだった体長が2~3倍に成長した様子に関係者は目を見張り、資源回復に期待している。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》