· 

干潟の青い宝石 ミナミコメツキガニ

奄美市住用町の干潟で、青い甲羅の光沢が鮮やかなミナミコメツキガニが見られる季節を迎えた。潮が引いた砂の中から姿を現し、食事をしながら群れで移動する。カニは横に歩くものが多いが、前に歩くのが特徴。水際で日差しを浴びて輝く姿は宝石のようだ。

 

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》