· 

徳之島きび生産対策本部/成熟度は回復 年内操業開始に期待

徳之島さとうきび生産対策本部の運営企画委員会が12日、県農業開発総合センター徳之島支場会議室(伊仙町)であった。台風24・25号被害を受けた2018/19年期産の生産見込み量は16万5562㌧と前期実績比2万6433㌧減。さとうきび増産基金(台風24号対策)は3町計1億4171万9千円。南西糖業㈱は年内操業開始も視野に今月20日に方針を決めるという。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》