· 

奄美市で離島物価問題懇/大島地域 県平均より約20ポイント高く

離島における生活関連物資の価格動向や流通事情について事業者と住民が意見を交わす、2018年度「離島物価問題懇談会」(県消費者行政推進室主催)が6日、奄美市名瀬長浜町の奄美文化センター会議室であった。出席した地元事業者は「輸送コストを商品価格に転嫁せざるを得ない」と理解を求めた一方、住民側は「子育て世代は値段重視」「消費税増税を控え、生活はいっそう厳しくなる」など物価高による日常生活の厳しさを訴えた。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》