· 

大正大学生が実習報告/自然体験学習の導入を

先月からフィールドワーク実習を行っていた、大正大学(東京都豊島区)地域創生学部の学生らが29日、実習成果を発表した。「奄美の自然環境と世界遺産」をテーマに聞き取り調査、奄美大島や沖永良部島の住民らとの交流などを参考に、学生目線から考える奄美の各課題などを意見した。奄美の自然の価値や世界自然遺産登録の意義を理解するために、中高生など若い世代への体験学習等の積極的な実施などが提言された。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》