· 

徳之島のクロウサギ、南北で遺伝子分断

国立研究開発法人国立環境研究所の安藤温子研究員らの研究グループは、国の特別天然記念物アマミノクロウサギについて、生息する徳之島では数千年以上前から島の南北の生息地が分断され、遺伝的交流が絶たれていた可能性が高いと遺伝解析によって明らかにした。研究グループは「絶滅が心配されるクロウサギの生態を理解し、生息地の保全策を検討する上で重要な知見」としている。

《写真をクリックすると詳細記事が表示されます》