· 

謎多いアマミホシゾラフグ サークル構造原理の一端解明

奄美大島の海底で「ミステリーサークル」と呼ばれる幾何学模様の円を砂地に作るアマミホシゾラフグについて、大阪大学と千葉県立中央博物館分館海の博物館の共同研究グループは、小さなフグが精巧な模様を作る原理の一端を解明したと8月17日付の英国科学誌のオンライン版で発表した。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》