· 

「島つくり」老若男女が討議 沖永良部シンポジウム

第9回沖永良部シンポジウム(酔庵塾、同実行委員会主催)は1日、知名町のフローラル館であった。「ローカルが主役の時代を迎えて~子や孫が大人になった時にも笑顔あふれる美しい島つくり」がテーマ。㈱日本総合研究所主席研究員の藻谷浩介氏(53)らの基調講演と、島内外から集まった老若男女による分科会があり、沖永良部をより豊かにするための方策を考えた。

 

《写真をクリックすると詳細記事が表示されます》