· 

私たちの今「奄美のおかげ」 紙面登場45年ぶり、元尋ね人

福岡県久留米市の中津留瑞良さん(60)、直美さん(58)夫妻が28日、南海日日新聞社を訪れた。瑞良さんが写真付きで紙面に載るのは1973(昭和48)年以来、45年ぶり。当時は14歳の中学生で「尋ね人」。還暦を機に一念発起、恩人を探しに今年4月、5月と奄美大島を訪れた。恩人は他界していたが、その家族と触れ合い、位牌に手を合わせた。そして「あらためてお礼に」と今年3回目の来島となった。

《写真をクリックすると詳細記事が表示されます》