· 

沖永良部・与論のキビ、生育順調 台風から「恵みの雨」

例年、梅雨明け以降は少雨傾向が続く奄美地方。沖永良部島や与論島は昨年も干ばつに悩まされたが、今年は台風の影響でまとまった雨が降る日もあり、基幹作物サトウキビはこれまでのところ順調に生育している。両島のキビ農家ら糖業関係者からは「台風のおかげ」との声も聞かれる。

《写真をクリックすると詳細記事が表示されます》