カテゴリ:202102



新着情報一覧 · 2021/02/28
瀬戸内町古仁屋在住の會所=かいしょ=佳高さん(24)は24日、アーティスト名CheapWord(チープワード)でファーストアルバム「Gandhi(ガンジー)」を発売した。會所さんは日頃、龍郷町の染織工房で働きながらビートメーカーとしてアーティストへの楽曲提供や、音楽共有サービスで配信を行うなどの音楽活動をしている。
新着情報一覧 · 2021/02/28
高校3年生にとって島立ちの時期になった。沖永良部高校は、普通科と商業科の生徒合計91人が卒業する。そのうち9割以上が進学や就職で島を離れる。商業科3年の田原聡馬さん(18)は「ほかの年代とは違う体験ができた」とコロナ禍の1年を振り返った。
新着情報一覧 · 2021/02/27
環境省徳之島管理官事務所と伊仙町は26日午前、徳之島固有種で絶滅危惧植物の一つ「オオアマミテンナンショウ」に関する住民説明会を同町西部地区の集落で開いた。世界自然遺産登録への取り組みや同種の希少性などを説くとともに、現地観察も交え〝足元の宝〟の保護・監視を緊急アピールした。
新着情報一覧 · 2021/02/27
奄美群島の12市町村を結ぶ「世界自然遺産 奄美トレイル」のルート全線踏破プロジェクトを成し遂げた「かごしまカヤックス」代表の野元尚巳さん(63)に25日、県から全線踏破証明書が授与された。県庁であった授与式で野元さんは「トレイルの活用で、観光客だけでなく、地域住民にも地元の魅力を再発見する機会にしてほしい」と話した。
新着情報一覧 · 2021/02/26
知名町立図書館ワークショップ「えらぶ色クレヨンDE図書館バッグを作ろう!」は21日、町中央公民館ホールであった。3回に分けた講座に、未就学児~小学生とその保護者計30人が参加し、バッグへの絵付けを楽しんだ。
新着情報一覧 · 2021/02/26
集落の方言に理解を深めようと、喜界町上嘉鉄集落の小学生児童8人は21日、島口による狂言発表会「わらび・はてぃとぅゆみた狂言〝ぶす〟」を同集落のあゆみ幼稚園体育館で開いた。コロナ禍で、家族や親族のみに入場を制限。児童たちは、集落の大切な言葉を守ろうと定番の狂言を島口でコミカルに演じ、見守る客席を沸かせた。
新着情報一覧 · 2021/02/25
瀬戸内町のTARGET DX社(立石聡明代表取締役社長)は20日、同町与路島でドローン輸送の実証実験を行った。輸送手段が限られた離島の課題解決に向けた取り組み。この日は与路港から与路島沖の無人島ハミヤ島間(直線距離1・8キロ)と、陸路での往来が困難な与路島アデツ海岸間(同0・5キロ)で軽量の物資輸送に成功した。
新着情報一覧 · 2021/02/25
知名町のおきえらぶ文化ホールあしびの郷・ちな開館20周年記念事業・町民創作方言劇「ヒーヌムンの生まれた海」(知名町教育委員会主催)が23日、同ホールであった。子どもから大人までの36人が演技を披露。方言でのやりとりに観客は笑い、涙した。
新着情報一覧 · 2021/02/24
奄美市名瀬の大島高校空手道部女子(川畑雄貴監督)の部員3人は、東京で3月24日から始まる「第40回全国高校空手道選抜大会」(全日本空手道連盟など主催)女子団体形部門への出場を決めた。「夢・きぼう枠」での選出。3人は、「昨年の九州大会の分まで頑張りたい」と全国の舞台で飛躍を誓う。
新着情報一覧 · 2021/02/24
与論町は今月1日から、新たな交通手段として注目されている電動キックボードの実証実験を始めた。23日、同町の役場駐車場や公道を使った試乗会があり、茶花海岸の前を走行した参加者は「楽しい」「気持ちいい」と声を上げた。

さらに表示する