カテゴリ:202010



新着情報一覧 · 2020/10/31
県立沖永良部高校(室屋洋一校長、生徒253人)の1、2年生を対象にした「沖高立志塾」が29日、同校体育館であった。和泊町の連合青年団と物産組合の代表者2人を講師に招き、地域貢献活動のやりがいなどを学んだ。
新着情報一覧 · 2020/10/31
奄美市のさくら保育園と金久保育所の園児らが30日、ハロウィンの仮装をして市内の中心商店街の店舗などを訪れ、「ハッピー・ハロウィン」と元気な声で呼びかけ、お菓子をもらっていた。
新着情報一覧 · 2020/10/30
奄美ネコ問題ネットワーク(ACN、久野優子代表)は29日、奄美市名瀬有屋町で野良猫の調査を行った。地域住民らが参加し、屋外にいる猫の数や特徴、発見した場所などを記録した。調査の情報を基に、市が繁殖制限を目的に不妊手術を行うTNRを進める。久野代表は「野良猫は奄美の生態系を脅かすノネコ(野生化した猫)の問題につながる。住民と認識を共有して『屋外猫ゼロ』を目指したい」と述べた。
新着情報一覧 · 2020/10/30
日本最大の公募展に位置付けられる、公益社団法人日本美術展示会(=日展)主催の「改組新第7回日展」がきょう30日から、東京都の国立新美術館で開かれる。このほど各部門の入選者発表があり、奄美市名瀬の徳永正子さんが書の部門で初入選。徳永さんは「渾身の出来と思える作品が評価され、うれしく思う」と喜びをにじませている。
新着情報一覧 · 2020/10/29
「2回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました」――。存在しない給付金通知を装うフィッシングメールが全国で横行している。申請第二弾をあおって個人情報を入手しようとする不審メールが今月中旬以降、奄美の企業にも複数回届いており、所管する総務省や奄美の消費生活センターは「安易に開かないでほしい」と注意喚起している。
新着情報一覧 · 2020/10/29
徳之島署(田中聡署長)は28日、夜の徳之島町内の海岸で海中に入水しようとしていた女性を発見して同署に通報するとともに、駆けつけた警察官らと救助活動にも協力した樟南第二高校3年生、井陸斗さん(17)=伊仙町面縄=に署長感謝状を贈呈。迅速・的確な判断と冷静な行動による人命救助への貢献をたたえた。
新着情報一覧 · 2020/10/28
奄美市笠利町の岩元正男さん(奄美漁協所属)は26日、あやまる岬沖の水深約70㍍の海域で変わったハタ類とみられる魚を釣り上げた。奄美漁協から奄美市名瀬港町の前川水産(前川隆則代表)に持ち込まれ、魚の写真を携帯メールで鹿児島大学総合研究博物館の本村浩之教授(館長、専門は魚類分類学)に送り、鑑定依頼したところ、「ヤハズアオハタ」と分かった。本村教授によると、「琉球列島では、初めての確認」としている
新着情報一覧 · 2020/10/28
県警免許試験課と徳之島署の「交通安全及び免許試験の地元受験」広報キャンペーンが27日、伊仙町役場玄関前であった。闘牛の島の元全島一チャンピオンなど計5頭を「広報大使」に委嘱した。新型コロナウイルス対策で来年2、3月、県運転試験場(姶良市)の学科受験者定員が縮小・予約制となるのに伴い、「地元自動車学校での受験」などをアピールした。
新着情報一覧 · 2020/10/27
与論島出身のマーケター、喜山壮一さんは10月、「ハジチ 蝶人へのメタルモルフォーゼ」(南方新社)を出版した。ハジチ(ハズキ)は奄美、沖縄の成人女性が手にした入れ墨で、さまざまな紋様がある。喜山さんはその紋様を植物トーテムと、霊魂の化身とされる「蝶」から読み解いた。
新着情報一覧 · 2020/10/27
格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションは26日から、奄美の伝統工芸品「大島紬」のはぎれを縫い込んだオリジナルタオルをオンライン販売している=写真=。同社奄美大島―関西線の就航地地場産品のコラボレーション企画。限定販売で価格は1320円から。

さらに表示する