カテゴリ:鹿児島



新着情報一覧 · 2021/02/19
赤羽一嘉国土交通大臣は18日、塩田康一知事や県内の観光・交通関連事業者らとオンラインで意見交換を行った。県内の関係者からは、新型コロナウイルスの影響で停止している観光支援事業「Go To トラベル」の早期再開を求める声が相次ぎ、赤羽大臣は新型コロナの状況などを踏まえ、近いうちに再開する可能性もあることを示唆した。
新着情報一覧 · 2020/11/21
新型コロナウイルス感染症は、国内では一日の新規感染者が過去最多を記録するなど感染拡大の状況にある中、季節性インフルエンザの流行期を迎え「県民は大変不安な気持ちになっている」として塩田康一知事は20日、感染拡大対策への見解を発表した。知事は「現時点では医療提供体制がひっ迫している状況ではない」として、県の感染拡大警戒基準は現行(ステージⅡ)のままで、行動制限・飲食(会食)の利用人数制限も行わない方針を示した。
新着情報一覧 · 2020/11/13
2020年度鹿児島県観光立県推進会議(中原國男会長、委員20人)が12日、鹿児島市内のホテルであった。県の第2期観光振興基本方針(15~19年度)に基づく施策の成果をまとめた最終報告案の内容を説明したほか、新型コロナウイルスによる観光産業への影響や対策について意見交換。新型コロナの感染収束が見通せない中で、地元を巡って良さを再確認する旅行形態「マイクロツーリズム」などについて提言があった。
新着情報一覧 · 2020/10/06
鹿児島大学、日本航空、日本エアコミューターはパイロット人材創出のための連携協定を締結。5日は鹿児島市の同大稲盛記念館で締結式があった。...
新着情報一覧 · 2020/09/26
鹿児島国体・全国障害者スポーツ大会鹿児島大会の主催4者協議が25日東京都内であり、オンライン参加した塩田康一知事は、2023年の開催合意に至ったことを受け、協議終了後に県庁で記者団の取材に応じた。関係機関や佐賀、滋賀両県の協力への感謝を述べるとともに「23年の開催が事実上決定したと受け止め、開催に向けてしっかり準備を進めていく」と決意を新たにした。
新着情報一覧 · 2020/08/26
県は25日、独自に設定した新型コロナウイルスの新たな感染拡大警戒基準を発表した。感染状況や医療提供体制の状況に応じた4段階のステージを設定。ステージ3以上は、病床の占有率や療養者数、PCR陽性率など6項目の指標を基に専門家の意見も踏まえ、経済活動実施などの基準とする。医療体制が脆弱(ぜいじゃく)な離島については、感染者や病床の状況などをより厳しく見積もり早期に対処する。
新着情報一覧 · 2020/08/22
鹿児島県は21日、新型コロナウイルス感染防止対策として、積極的に感染防止対策に取り組んでいる飲食店などの事業者に対して、「実施宣言」書とステッカーを発行する。塩田康一知事=写真=が県庁であった定例記者会見で明らかにした。塩田知事は「県民が安心して利用できる施設の『見える化』を図り、感染防止と経済振興の両立を目指す」と話した。
新着情報一覧 · 2020/08/13
県は12日、県内の経済団体代表者らと新型コロナウイルス対策に関して鹿児島市の県庁で意見交換した。商工業や交通、観光、飲食などの関係者は、利用客の大幅減により厳しい状況に追い込まれていることを報告したほか、ウイルスに対する過度な恐怖感が県民の外食や外出を必要以上に抑制し、経済活動を阻害しているとも指摘。経済活動と感染防止の両立を図る観点から、適切な感染防止策の周知や情報発信を求める声などが寄せられた。
新着情報一覧 · 2020/08/05
終戦後に日本から分断された奄美群島で復帰運動に取り組んだ先人の思いを後世に語り継ごうと、県本土在住の奄美出身者でつくるNPO法人「ほこらしゃの風」(義山昭夫代表、約40人)の会員らが4日、鹿児島市内の公園で「断食悲願」を再現した。参加者は奄美群島が一丸となった復帰運動や当時の古里の様子などを思い浮かべながら、平和な世界を願った。
新着情報一覧 · 2020/07/29
新しく県知事に就任した塩田康一氏(54)が28日、県庁で初めての公務に臨んだ。県庁講堂であった就任式で塩田知事は「入庁1年目の新人のつもりで、県政の課題に取り組んでいく」と決意を述べた。

さらに表示する