ブログカテゴリ:東京



新着情報一覧 · 2019/11/30
「うたぶくろ」と呼ばれるほどたくさんの独特な歌が現存する宇検村湯湾集落のシマ唄を歌い継ぐ唄者、石原久子さんを招いて「しまのうた」(しまのうた実行委員会主催)がこのほど、千代田区の紀尾井小ホールで開かれた。シマ唄愛好者や、奄美出身の人たちが詰めかけ、懐かしい歌声に乗せて語られるシマ唄に奄美へ思いをはせた。
新着情報一覧 · 2019/11/25
この季節になるとラーメンが恋しくなるものだが、大評判となっているのが、新宿区にある「魚と豚と黒三兵」。切り盛りしているのは、喜界島出身の若者ら。彼らが提供する絶品で心も体も温まるのもお薦めだ。...
新着情報一覧 · 2019/11/22
10月いっぱいで店を閉じたのは、新橋3丁目のとあるビル4階に店を構えていた「和ごころ・あまみ」。徳之島出身で千葉・市川在住の叶実統さんが代表を務め、妻の広美さんがかいがいしくサポート。産地直送の新鮮な魚介に、奄美の真心を込めて出される料理と黒糖焼酎は、来店者の胃袋を満たしてきた。
新着情報一覧 · 2019/10/18
鹿児島県へ移住する直前に「5年以上,東京23区内に住んでいた」又は「東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県(それぞれの都県の条件不利地域を除く)に住んでいて,5年以上23区に通勤していた」方が,令和元年10月3日以降に本県に移住し,以下に掲載している移住支援金対象法人求人一覧に掲載した県内企業の求人に応募し,就職した場合,申請に基づき移住支援金が交付される制度です。 そのほか起業支援事業の交付決定を受けた方も支援金の対象となります。 <支援金支給額>  ☆2人以上の家族・世帯の場合:100万円  ☆単身者の場合:60万円 <奄美群島の対象市町村>※2019年10月18日現在 《2019年度開始予定》  奄美市,宇検村,龍郷町,喜界町,天城町,伊仙町,与論町 《2020年度開始予定》  大和村,瀬戸内町,徳之島町,知名町 ※細かな条件があります。      詳細はこちらから
新着情報一覧 · 2019/10/01
奄美大島・龍郷町の大勝小学校と長く交流を続ける中央区銀座にある泰明小学校では、今年も奄美の泥を使った「泥染め」を授業で実習したが、その際、自ら染めた反物が奄美から同小学校に届けられた。反物の贈呈式がこのほど行われ、児童らはクラス全員で作った作品と感激の対面を果たしていた。
新着情報一覧 · 2019/09/26
2004年に初土俵を踏み、07年五月場所で新入幕して活躍した大相撲の里山関の里山引退・佐ノ山襲名披露大相撲(里山断髪式実行委員会)が、28日に両国国技館で午前11時半から午後4時まで行われる。
新着情報一覧 · 2019/09/24
関東在住の奄美出身者などで構成する軟式野球「東京すっとごれ野球リーグ」(東京奄美青年野球連盟)の選抜チームは23日、奄美市野球連盟所属の選手らでつくる奄美選抜チームらと奄美市の名瀬運動公園市民球場で交流試合を行った。同市での交流試合は5回目。選手らは、真剣な表情のなかにも笑顔で白球を追いかけ、互いの親睦を深め合った。
新着情報一覧 · 2019/09/19
「第15回ふるさと回帰フェア」が7日、東京有楽町の交通会館であった。奄美群島広域事務組合が奄美ブースを設け、都会から地方へ移住を考えている来場者に奄美の魅力と生活環境をアピールし、移住に関する相談に乗った。
新着情報一覧 · 2019/09/13
地域情報サイトを営む「しーま」(深田小次郎代表)は8日、東京・台東区で奄美への移住希望者に向けた求人イベント「島でジョブセンバ2019」を開催した。約70人が来場し、参加した地元企業10社から事業内容や待遇などについて説明を受けた。来場者の中には「豊かな自然環境の中で子育てをしたい」という人もいた。
新着情報一覧 · 2019/08/06
小中学生の民謡日本一を競う「令和元年度民謡民舞少年少女全国大会」(文化庁、日本民謡協会共催)が3、4日の2日間にわたって、品川区総合区民会館・きゅりあんで開催された。全国から集った精鋭たちに交じり、コンクールに奄美勢11人が出場。中学生の部で朝岡歩紀花(ほのか)さんが、見事7位に輝いたほか、2人が10位となり、2人が入賞した。

さらに表示する